評価、レビュー

BTCFXの初歩的なチャートの見方を解説 素人でも勝率はあるのか?評価・レビュー

こんにちは。けいです。

今回は私なりに素人の方にも
わかりやすいよう初歩のしょほから
チャートの見方を解説していきたいと思います。
最後には今後の仮想通貨に対しての予想と
トレード対象になるのか?
評価・レビューを行っていきたいと思います。

チャートの形成について

チャートの動きには上昇、下降、横ばい

(レンジ)の3つしか無くてそれを繰り返す事

でチャートが形成されます。

その中で出て来る言葉ロング、ショートとは、

上昇の時に上向きにエントリーする事をロング、

逆に下降の時に下向きにエントリーする事をショート

言います。

例えばリップルが30円の時に35円迄上がるなと思い

エントリーする事がロングエントリー。

逆に25円まで下がるなと思ってエントリーする事を

ショートエントリーと言います。

初歩的過ぎますが先ずはここから理解しましょう。

ロウソク足に関しての見方

ロウソク足に関しては平均足を使うのかによると思います。

陽線、陰線に付けるヒゲをどう捉えるかの解釈は

基本はあれどマチマチです。

人によっては実体重視って人もいるわけですね。

フィボナッチやエリオットを使われてる方で

以外に多いのがフィボナッチがキチンと

効いてない引き方をしているって事があったりします。

ロウソクのヒゲか実体化に戻りますよね。

MAとEMAどちらがいい?

MAに関しては市場心理的観点から見る見方と

自分的観点から見る見方があるんじゃないかな?

と思います。

私もも長期にしても使ってる数値は150迄です。

まぁ、長期はつけてるだけでほぼ無視だけど(笑)

短期線にしても色々な数値があって、

一般的に捉えれば20~25な訳ですね。

でも自分的観点から見るひとならば45だっているます。

たまに私も使っていますが。

数値が大きいのはそうゆう事だと思います。

※MAとは移動平均線の事です

私はEMAを使います。

MA数値の使い方は一般的でいいと思います。

私は大きな波で見たい時には短期線を45にして

角を取る事はしますけど。チャートを分析する

上で世間と同じ数値にするというのも大事だと思うし。

チャートは生きてるからその時の状況で変えてもいい

と思ってます。

やりやすい数値でいいんですよ(^^)

画像はシンプルに移動平均線の25と75を

そして下のは出来高を表示させたチャートになります。

移動平均線は後ほど説明するので今回は下の出来高の見方。

出来高とは簡単に言うと取引量を表示させたもの。

出来高グラフが伸びている所を見るとチャートの足も

伸びてるのが分かると思う。

出来高グラフが伸びてない所はチャートの足も

伸びてないですね。

この様に出来高とチャートを照らし合わせ見る事で

どんな動きをしているのか?

どう動いて行くのかを判断する事が出来ます。

15分足で見た場合、出来高が下がった状態が目立つでしょ?

これは取引量が少ない事を意味する。

取引量が少ないからチャートもあまり動かない。

この様に先ずは出来高とチャートの関係性を色々な

チャートを見て目で覚えてしまう。

考えるんじゃなくて、パッと見たら自然に判断出来る

様になる事が大切。

木を見て木だなって一々考えないで自然に判断してる

でしょ?それと同じですね(笑)

画像1

画像2

画像3

今回は移動平均線ですが、

主に使われている移動平均線にはMAと

EMAがあってさてどっちを選ぶ?

かに迷うと思います。

ここでは大体の人が使っているEMAを

使っていいと思います。

次に移動平均線の日数ですが、

最初はこれも大体使われている短期線25、

中期線75の二本でいいです。

これを踏まえ本題です。

画像1の矢印で記している二本の線

(青い線が短期線の25、紫の線が中期線の75)

が移動平均線。

移動平均線もチャートの動きと同じで、

上昇、下降、横ばいの3パターンで構成されていて、

移動平均線が上に向かって伸びて行けば上昇トレンド。

下に向かって伸びて行けば下降トレンド。

横に伸びて行けばもみ合いと判断出来る(画像2)また、

移動平均線が伸びて行く角度によってそのトレンドの

強弱が判断出来て、角度が強ければそのトレンドは強いと

判断し、逆に角度が弱ければそのトレンドは

弱いと判断します(画像3)。

次は実際どう使って行くのかを説明します。後ほど(^^)

移動平均線をMAにするかEMAにするか、

日数を何日にするかは慣れて来たら色々

トライすれば良いですよ。

画像はMA(青線)とEMA(紫線)を同じ25に設定して

チャートに表示させたもの。

EMAの方がより足に近い事がわかると思います。

画像1

画像2

次記事に続く。。。

さいごにFX自動売買ツールの案内

私自身も4つのEAで運用をして
おり、
その中に無料モニターとして使う
ことができるEAもあります。
リスク(コスト)を抑えて学びたい、
収入の柱を増やしていきたい、
と感じている方。無料ですので
経験されてみてください。

必要なのは運用資金だけです。
もちろん有料のほうが有能ですが(笑)

もし、気になる方は紹介することが
できるかもしれないのでLINE@
から連絡をください。

無料モニターの人数が多い場合は
少し待つことがありますが
空きの連絡があれば順番に案内させていただきます。

⇒【月利45%】FX自動売買ツールの無料モニター募集はこちら!