LINEの使い方

【LINE】サブ垢の作り方~Facebook以外

今回はLINEのサブアカウントの作成方法をお伝えしていきたいと思います。
その前に、【LINE】でサブ垢(サブアカウント)をつくるといえば、、どんな方法が思い浮かびますか?
Facebook認証を利用したアカウントをつくる方法。
固定電話を認証に使ってのアカウントをつくる方法。
学生さんだと親御さんの電話番号を利用して別の端末で使用している方もいるかもしれませんね。社会人の方だと電話番号の付いた格安SIMを利用して持っている方も少なくないと思います。有料ですが…)

私自身、関連アプリ・ゲームもしていますし、いろいろな公式アカウントの情報をみたりとコミュニティ機能も充実していますので毎日利用しています。連絡手段としても気軽につかえて、スタンプやデータ共有にも優れているため仕事としてもよくつかわれているそうです。

さっそく本題に入ります。
androidであればparallel spaceというアプリで簡単にサブ垢を作ることができます。さきほど軽く話した内容(Facebook認証、固定電話認証、格安SIM)とは別の方法になります。電話番号も必要ない、簡単なサブ垢作成【アプリ】になります。※android限定ですが
⇩下記のURLからダウンロード⇩

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.lbe.parallel.intl&hl=ja

 

アプリを開くと「サブ垢を作りたいアプリ」を選択⇒「parallel spaceに追加」を選択⇒リストアップされた中から「サブ垢を起動させたいアプリ」を選択します。しばらくしたら対象のアプリの初期設定画面が出てきますので設定をおえると完了になります。
以上になりますが、このアプリは他の『ゲームアプリのサブ垢』や『配信アプリのサブ垢』にも利用することも可能です。
これを機会に、LINEだけでなくアプリのサブ垢作りとしても使ってもらえたらと思います。

補足でもうひとつ上記に書いていなかった【LINE@】で複数のアカウントのつくりかたをご紹介したいと思います。
(あっとまーく?)と思った方のために少しだけ、ざっくりと説明しますね。
まずはじめに、『LINE』には「LINE」、「LINE@」アカウントの2つがあります。
「LINE」⇒一般的なアカウント
「LINE@」⇒一般アカウント・認証アカウントの2つがあります。(認証アカウントの中にも3つのプランがあり選択可能。)認証アカウントの詳細は【サブ垢作成方法】とは全く関係のないことなのでここでは省きます。

「LINE@」とは主に情報を発信する側に位置づけられています。個別のメッセージのやりとりはもちろん、友達すべてに一斉送信も可能ですのでビジネス用垢として利用している人が多いですが最近ではサブ垢としても扱われています。勝手に友達リストに入ってくることがないため扱いやすいのもプラス面です。
それではアカウントの作りかたを説明していきます。
LINEの一番右下の「ウォレット」をタップ⇒下にスクロールすると関連サービスの中に「その他サービス」をタップ⇒そしたらその中にある「LINE@」をみつけることができます。
「LINEアカウントを管理します。」となったら一番右までスライドしてみてください。そこに「ホームへの投稿」と出てくるので「LINE@を開始する」をタップ。「LINE@」ではLINEでログインしている状態のため【LINEログイン】とありますが、上の【始める】をタップしてもらって大丈夫です。その後は通常通りガイドに従って操作を行ってください。※年齢認証は後ほどでも設定可能です。
以上です。

今回は2通りのサブ垢作成方法を閲覧いただきありがとうございました。
これからもLINEを楽しんでいきましょう。