評価、レビュー

2019年にモナコイン高騰?令和元年相場とリスクを徹底予想・レビュー

こんにちは。けいです。

今回ご紹介するのは
“モナコイン”です。
仮想通貨市場でモナコインといえば
かなりマイナーなコインのように感じます。

しかし、一部では高騰有望コインのひとつとして
注目されているんですね。

発祥は日本最大の匿名掲示板「2ちゃんねる」
まず印象に残るのが“コミュニティの高さ”
実際に決済手段として利用できる数少ない
コイン銘柄となっています。

また現在ではTwitterなどでも“投げ銭”と
して利用できますね。

他アルト(オルト)コインの中でも
優秀なコインです。

一時期は外部からの攻撃によって
ハッキングされその被害は大きな
ものでした。
時期的にも攻撃されるタイミングが
悪く、一気にコインの信用を失いました。
が、現在はそのマイナス要素を踏まえても
チャート的に見ても引けを取らない動き
を行っています。

過去を振り返ってみてもわかるように
株・証券・金これらの構築段階には
必ずといっていいほど同じような
障壁がありました。
そのようなファンダ状況を見ていては
投資なんて無理でしょう。

ファンダはあくまで材料にすぎません。
私はこういう時こそチャートに限る。
ファンダは無視してチャートに集中するべき、
イベントで投資は無理ですね。
こうゆう局面ではチャート集中

メディアが仕掛けてるから。
メディアは基本的に嵌め込むために使う道具と
思うべきです。
メディア露出するから、価格が上がる、
トレンド転換するということはない。

知り合いに沢山メディア関係いますが、
100ある内の10も真実は無いといいます。

そして、一般大衆が期待する
価格までは落ちないのがチャート(笑)

不思議と面白い仕組みになっているんです。
これからはモナコインの今後の予想と
コイン投資においての知識、
急騰のねらい目を
あくまで私目線で評価・レビューを行って
いきたいと思います。

国産モナコインの特長は?

~モナコインの特長~
やはり特徴は送金の速さですね。

ビットコイン(BTC)の取引量は
年々増加していますね。
その為送金に掛かる容量が重くなり
処理スピードが遅くなっているのです。

そこに
改善策として出されたのが
“セグウィット”取引データを圧縮させる
ことでシステム間の取引を軽くし、
送金に掛かる時間・コストを大きく
抑えることを可能にしました。

そのセグウィットをはじめに
実装したコインがモナコインであります。
みえないところでモナコインは日々進化
を重ねているんですね。

モナコインの特長の
セグウィット実装の利点はこんな感じ。

・手数料が抑えられる
・コストダウンによる信頼度UP
・送金スピードが速い
・価格高騰
・ライトニングネットワークの導入も可能

モナコインのライトニングネットワークの導入とは?
モナコインにおけるライトニングネットワーク
とは簡単に説明すると、
ブロックチェーンを使った取引は、すべての
隙間がなく一本のチェーンに繋がっています。

この取引を一旦ブロックチェーンから
切り離し、その外部から処理を行えるのが
ライトニングネットワークの技術であり
考え方になります。

つまり出来上がっているチャネルの中から
A→B→C→D→Eという最短経路をみつけて
BCDユーザーに仲介してもらいながら
A→Eへの取引を成立させる。

その他にも新技術である、
・ペイメントチャネル
・HTLC(ハッシュド・タイム・
    ロック・コントラクト)
というものもありますが、
このあたりの細かいシステムの
説明は省き、今後の仮想通貨(モナコイン)
の相場予想・急騰材料の紹介に移ります。

2019年令和の(MONA)モナコイン相場予想!

はじめに現在の仮想通貨基軸である
BTCビットコインから見ていきましょう。

BTCは正にITバブルの様な動きだと思います。
先物に例えると金の上がり始めの頃。
去年は実態無く高値を確信していたある
意味フェイクな年。
2019年はトレ転の可能性に繋がる材料が揃い
つつある今年からじっくりと成長して行く
市場だと思う。
だからいま上がる下がるって事を気にするのでは無く、
広く全体像を見る様にすれば見えて来るものがある
と思います。
周りの雑音に振り回される事なく
じっくりと待つ事が出来るんでは無いでしょうか?

まずここを押さえておいてください。
2019年のBTC相場は大した動きは
ないんじゃないかな?
というのが私の予想です。

というよりも現在の金融市場ファンダ
(資金)の動きが下記のような流れ
ではないかと思っています。

国債→原油・金→他先物→為替→仮想通貨
2019年、そう令和相場といいましょうか(笑)
令和の金融市場の流れとしまして、
微量ではありますが徐々に仮想通貨へと
資金が流れるんじゃないかな?
と感じます。

仮想通貨であれば現在はBTCですね。
投資家が参入するのはまずBTCビットコイン
でしょう。
その後相場の停滞、まさに何も知らずに
参入される真の投資家さんたちは
BTCビットコインが値上がりし、
サポートラインまで到達した際に
一旦利確を行います。(予想)
真の投資家は“リスク”が大嫌いですから(笑)
安全な資産運用を必ず行ってきます。

その後、現在日本で取引できる仮想通貨銘柄
の中で最も下落率が大きく性能としても
優秀な“モナコイン”がレンジ相場でありながら
値をもとに戻してきます。
戻したところで現在価格の100円としても
価格は30倍まではいくでしょう。

一旦高値からの半落ちはあるでしょう。
しかしそこからBTCの資金がモナコインの
チャートを見ていた投資家たちが
少しでも動くとどうなるでしょう?(笑)
想像しただけでも面白くなりそうです。

あくまでこれらはポジ予想であり、
相場は常に動いています。
生きている以上安い考えは行えませんので
お金がない方は2019年はまず資金を貯めながら
小額の保有でいのかな?
というのが私の評価であり予想です。

しかし、結構仮想通貨イベントは
2019年には発表されてないだけで
今後仕込まれてます。
タレントレベルで(笑)
2019年(令和元年)一般認知も深ま
ることでしょう!

※BTCビットコインはこんな感じ↓

リスクの高いモナコイン急騰を狙うために必要なメンタル維持

2019年から始まり、2020年には
本番を迎えるであろう(MONA)モナコイン。
そこで掴める人はかなり少数でしょう。
その為に把握しておかないといけない
のは投資において重要なメンタルの
持ち方。

本項はそのリスクを追うために必要な
メンタルについて軽く解説を含ませながら
紹介したいと思います。

人間って目の前の損を回避したくて少ない
パーセンテージなのに損を回避しようとして
持ち続けてしまいます。

例えば、
100%の確率で60万を失う人と
61%の確率で100万を失うが
39%の確率でなにも失わない人、

リスクの追えない人は後者のパターン。

損して得取れじゃないけども、
含み損が更に含み損を生み出して行く。
そうなると人間心理的に残ってる資金で
取り返さなきゃと思ってしまう。
マルチ商法みたいなものです(笑)

だから高値掴みは絶対にダメなんです。
高値でしか掴めないタイミングだった
ならば止める勇気も必要。

損したら売る。大事です。
例えば、50万投資して20万含み損した。
20万損切りしても残りの30万から20万
の利益を得ればいい。
ところが、含み損20万残したままで残りの30万
で利益を得ようとしても含み損が含み損を
生んで最終的には塩漬け退場となる。
ちょっと分かりづらいですかね?(笑)
と思いますが、そんな事なんです。

含み損を持っていても一気に急騰して
利益になる事もあります。
でも、その急騰はいつ来るかはわかりませんよね。
含み損の事ばかりが心配していては正常な
取り引きは出来ない。

初めて意中の女性とデート出来たのに所持金
が少なく遊ぶのも食事するのも残金ばかり
気にしていてはまともなデートは出来ない。
最後のディナーで所持金が足りなくなって
しまうカッコ悪いパターンになります(笑)

話がそれた例えだったかもしれませんが
そうゆう事なんです。

これらは私が為替トレードの際に
助言する内容ですが、
まさに当てはまっています。
仮想通貨において大事なのは
リスクを考えないこと。
リスクを考えない。とは
少し違う気がしますが(笑)

リスクを補えるだけの資金を
準備すること。といったほうが
わかりやすいでしょうか?

投資においても同じです。
毎月で30万安定した収入が
あるAさんの投資に使える
額は最大でも30万円。
貯金があっても同じ額です。

意外と大きくメンタルに関わっています。
さきほどお話しした女性との食事
のたとえ話でも同じですね(笑)

30万円の収入しかない人が
張り切って高級料亭に行き、
一度の食事で10万円なんてものは
すこし気持ち的にきついですよね(笑)

2019年の相場高騰はまずBTCビットコイン
ではないかなと感じます。
年末年始より(MONA)モナコイン。
などアルト(オルト)コインではないかと
私は予想しています。
それまでにリスクのとれるだけの
資金をうまく稼ぐことがまずは優先
ではないかな?
と感じています。
相関性も大事です。
最近また賑わってきそうな“仮想通貨”
だと、、

金が上がるとドルは下がりますね。
円が買われるはずですから。
そしてドルが下がるとBTCは上がります。
このようなのが相関性。

過去のデータからいくと
円と金の相関性は90%、
BTCと金の相関性は70%、

こんな感じ。

また投資においては資金分散・管理・効率
これらをバランスよく保つことも大切。
皆さんもいろんなものを試して
自身の資金構築のあり方をみつけて
いきましょう。
今私が運用しているFXの自動売買システムでは、
安定して月利30~35%で運用ができています。
もしツールに迷っている方がいれば
お勧めです。
また利点なのは試せること。
無料モニターとしてツールを利用できるので
ツール代は無料です。

開発者が、バックテストだけではなく、
リアルの運用での実績を積んでから
販売したい!という意向で無料モニター
としての運用を募集しています。

有料販売後も、モニターとして使った人は
無料で使い続けることができます。

月に1回ほど、運用実績の報告が必要ですが、
1回だけなので手間もなくできています。

モニター枠に限りがあるので、サポートの
関係などでストップすることもありますが
空きが出たと連絡があり次第ご連絡させて
いただきます。

興味がある方は、私のLINE@に
メッセージをください。

⇒【月利45%】FX自動売買ツールの実績と無料モニター募集はこちら!

>>LINEの友達追加はこちらをクリック<<

・お名前
・意気込み

を書いて送ってください。