評価、レビュー

The Millionaire(ザミリオネア)畑岡宏光は詐欺?数々の偉業達成?評価とレビュー

こんにちは。
けいです。

今回ご紹介するのは
畑岡宏光さんのThe Millionaire
(ザミリオネア)です。

新規情報が入りましたので
私なりの予想を交えながら
“無料オファー”について
稼げるのか?詐欺案件か?
徹底的に調べ上げたいと思います。

畑岡宏光さんの偉業の数々


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・個人によるインターネットビジネス
 をスタート
・インターネット上でのコンテンツを
 販売
・日本初の情報販売ASPインフォストア
 を立ち 上げ月間売上1憶円を達成
・ミクシィを使ったSNS集客を日本で初
 めて行い24時間で2300万円の売上達成
・アフィリエイトツールを提供する会員制
 ビジネスを開始し2億円の売上をお達成
 また、このスクールから多数のミリオネア
 を輩出
・投資助言ツールを提供する会員制ビジネス
 を開始
 継続課金のビジネスモデルを業界に浸透
 させる
・日本で初めてTwitterアフィリエイト報酬
 を売上る
 自動収益プログラムを構築
・会員制サービスNBS(ネットビジネスシー
 クレッツ)にて
 インターネットビジネスにおける各種
 ノウハウを提供
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな感じですね。
畑岡宏光さんはこの事柄を
16年かけて構築してこられているようです。
事実なら“インターネットビジネス”のプロ
ですね。
16年かけて数々の偉業を達成されています。
順調な構築段階としてここまで成し遂げら
れているのは凄いですね。

つぎに特商法についてご紹介します。

The Millionaire(ザミリオネア)の特商法

特商法はこちら→

このような“新規無料オファー”にて
特商法の中ではしっかりとしている
イメージ。

個人的にここは好印象な感じです。

ただ、ひとつ記載がないのが
「電話番号」。
こちらのオファーに参加予定の方は
はじめに連絡先を聞いておくことを
お勧めします。
何かあってからでは遅いですからね。

ここまで見てきて私の中に疑問が
生まれます。
「なぜ法人化しないのか?」
運営販売責任者が畑岡宏光さんに対して
運営会社は“トラスト株式会社”です。
一見、畑岡宏光さんの経営会社が
トラスト株式会社なのかと感じますが
調べたところ違うようです。

あくまで販売責任者は畑岡宏光さん
そして自身の会社(企業)もお持ちでは
ないそうです。

16年間の活動。数々の偉業を成し遂げて
きた
掲大表現をするとまさに“Apple”そのものw

最近ではAppleもすごいことになって
いますね(笑)
新規事業として“クレジットカード事業”
まで参入。

一見すると利用者の名前の刻印しかない
カードそのシンプルなデザインなうえに
セキュリティ対策は万全。
従来のクレジットカードにある裏面の
手書きの署名やICチップなどのイメー
ジが全く新しい形になりました。

やはり何もかもが“異質”ですね(笑)
話がそれました。。

それほどな業績をお持ちなのに
なぜ畑岡宏光さんは法人化しないのか?
会社として扱ったほうが沢山のメリット
があるはずなのになぜ?
税金が高いのになぜ?
他案件では(有)自由人代表取締役なのに?
今回はなんで?

私はそこが気になります。
なにかありそうな感じです。
慎重に見ていきましょう。

The Millionaire(ザミリオネア)は詐欺案件?数々な世界経済からみた評価とレビュー

今回は新規オファーとなっているため、
まだ中身は公表されていません。

公表後に改めて解説していこうと
思っていますので、
中身の知りたい方は更新後まで
しばらくお待ちください。

しかし、ここでは少々“プログラム内容”
に関して解説していきます。

“これからの5年間日本は史上空前の
好景気になります。
だからうまく波に乗ればどの時代より
も簡単にミリオネアになれます。
僕は19年間ネットビジネスの世界で億
を稼いできましたが今年ほど稼ぐのが
簡単な年はありません。
でも、少しだけコツがあります。
それは知識だったりツールだったり
仕組みです。
あなたがニューミリオネアになるために
必要なその全てを無料でお渡しします。”

と、言われていますね。

まず私目線でいわせてもらうと、、
この5年間は好景気になるとは
考えにくいです。
好景気はオリンピック年のみ
その後はどうでしょうか?

今現在から見た世界経済は
やはり北朝鮮、中国、韓国、アメリカ
このあたりが重要性を握っている感じ。

先日も北朝鮮はハッキング事件で注目を
集めていましたね。
どこからそんな優秀な人材を集めて
くるのでしょうか?
そもそも北朝鮮が、って場所特定されてる
時点でそれはもう負けな気がします。
シンプルすぎて逆にメディアに故意に露出
させた感はありますが。。
“核以外にもこんな力もあるんだ”と。

裏で糸引いてる国(笑)
この話は少し噂で聞くぐらいなので
心底深く掘るとヤバいですね(笑)

元々この手のは中国が先進です。
昔から北朝鮮にはサイバー軍なるものが
存在し(これは中国も同じ)ハッキング技術
を向上させて来たと言われています。
国を挙げて強化している分野はやはり
強力になりますよね。
アメリカは北朝鮮のこのハッキング技術を
かなり警戒しています。
多分ですよ(笑)核よりも、、、。妄想w

日本にも一応はサイバー対策の部門がある
にはありますが、お子様レベルらしいです(笑)
予算が違います。。

ファーウェイ製品禁止もそれが理由ですかね?

情報が抜かれていて、その先に中国共産党が
見えたからアメリカは躍起になったって事です。

そもそもファーウェイはスパイ会社です。
だからアメリカがあのような行動に出た訳
ですね。

そして中国本土に持っていかないで
カナダでつかみましたから。
ファーウェイ製品禁止はもう数年前から
囁かれてたのことです。

そのサイバー対策の穴を狙ってスモール
ビジネスナウの私。。(笑)

もっと三島由紀夫的なやつ増えてもいいと
思うんですけどやけに落ち着きすぎてる(笑)
日本メディアはくだらないニュースばかり
流していますね。。(個人的意見)
情報メディアは全て◯と△と□の物
芸能人の不倫騒動ほど面白くないニュース
はないです。(笑)

アメリカだって人の事言えない国。
それこそ世界各国で行われている常識的な事。
日本だって例外なくやってるけど全てが緩い
(笑)
そこには色々な法律的なしがらみや
代議士さんのしがらみ等々。。。(笑)
(でも日本にも政府が関与出来ていない
スパイ組織は実在しますが。)

多少話の内容がそれましたが
やはり日本は世界的に見ても遅れている
感じしかしません。

今後はやはりサイバー関連。
“これからの5年間日本は史上空前の好景気に
なります”
“今年ほど稼ぐのが簡単な年はありません”
などの発言はある程度の経済事情を把握して
いる側からすると無責任に聞こえます。

オファー内容、ビジネスモデルは明確に
なっていないので何とも言えませんが
正直な意見を言えば
即信用するには様々な面が
欠けている印象です。

焦ってもいい結果は出ません。
時には冷静に静観することも大事です。

今私が運用しているFXの自動売買システムでは、
安定して月利30~35%で運用ができています。

また、
無料モニターとしてツールを利用できるので
ツール代は無料です。

開発者が、バックテストだけではなく、
リアルの運用での実績を積んでから
販売したい!という意向で無料モニター
としての運用を募集しています。

有料販売後も、モニターとして使った人は
無料で使い続けることができます。

月に1回ほど、運用実績の報告が必要ですが、
1回だけなので手間もなくできています。

モニター枠に限りがあるので、サポートの
関係などでストップすることもありますが
空きが出たと連絡があり次第ご連絡させて
いただきます。

興味がある方は、私のLINE@に
メッセージをください。

⇒【月利45%】FX自動売買ツールの実績と無料モニター募集はこちら!

>>LINEの友達追加はこちらをクリック<<

・お名前
・意気込み

を書いて送ってください。